実はIWCのクラフトマンシップがすごい

もう年なので高級時計は文字盤の見易さ重視

今、高級時計を探すのならば、G-SHOCK、またはパネライなどの文字盤が大きめなものがいいと思っています。なぜなら、老眼が始まったとまでは言いませんけれど、だんだんと小さい文字が読みづらくなってきたからです。ですから携帯電話の画面にしても、文字は大きめにして使っています。

パソコンの画面にしても同様ですよ。20代の頃に比べたら画面の表示文字をずいぶんと大きくして作業をするようになりました。そして腕時計にしましても、最近では「文字盤小さいからパッと見て見づらいなー」なんてことを思うようになってしまいました。もうね、年ですわ。

しかし年をとったからこそ、自分に無理をしたくないという思いが強くなっているのですよね。ですから高級時計にしましても、「文字盤が大きくてそして数字が見やすいものがいい」と、時間の読みやすさをまず第一に選んでいます。

若い頃ならば、「おしゃれは我慢」とばかりに、文字盤が見づらくても我慢してつけていたとは思うのですが、もういい年齢ですからね。高級時計にしても無理はしたくないわけです。